5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

マニラの交通事情

旅行

マニラの交通事情

フィリピン最大の近代都市

フィリピンの首都マニラは、さまざまな文化が入り交じるハロハロ(ごちゃ混ぜ)な都市。フィリピンの歴史と現在が息づくメトロポリスへ旅立とう!

マニラへの行き方

日本から

フィリピンの玄関口となるニノイ・アキノ国際空港へは、フィリピン航空をはじめとして、日本航空や全日空、デルタ航空、セブパシフィック航空が毎日就航。ターミナルは、大きくフィリピン航空の国内線と国際線が発着するターミナル2(T2)と、フィリピン航空以外の国際線が発着するターミナル1(T1)、セブパシフィック航空が利用する第3ターミナル(T3)に分かれている。さらに、フィリピン航空以外の国内線を利用する場合は、敷地内にある国内線空港ターミナルを利用することになる。ターミナル間はクーポン・タクシーかシャトルバスで移動する。

空港から市内へ

クーポン・タクシー

別名エアポート・タクシーともよばれる定額制のタクシーで、カウンターで行き先のホテル名などを告げると、エリアごとに決まった料金が書かれたクーポンを渡してくれる。タクシーに乗ったら、具体的な行き先を告げ、降りるときにクーポンに書かれたとおりの値段を払うという仕組みだ。

ホテルの送迎車

ホテルを予約している場合は、あらかじめホテルまでの送迎を付けてもらうといい。送迎を頼んでおけば、現地係員やドライバーが到着ロビーを出てすぐのところで、名前を書いた紙を持って待っていてくれる。

空港での注意

空港ターミナルを出た辺りは、迎えに来た人々で混雑している。知り合いのようなフリをして親しげに話しかけてくる人もいるので、注意が必要だ。勝手に荷物を持ってチップを要求すような者もおり、荷物を渡さないように気をつけよう。送迎を頼んだ場合は、自分のフルネームを知っているか、行き先のホテル名は正しいかなどを確認してから、車に乗り込もう。

マニラ市内交通

安心感抜群!ホテルタクシー

出典 http://phil-portal.com

高級ホテルのエントランスで、ベルボーイに頼むと呼んでくれるのがホテルタクシー。メーターではなく、あらかじめ決まった料金で行く定額制のタクシーだ。メータータクシーと比べると料金は割高だが、メータータクシーにはメーターを倒してくれない運転手や、メーターの金額以上を請求する運転手も多いので、ホテルタクシーの方が安心だ。ベルボーイが車のナンバーと行き先を控えたメモを渡してくれるので指定された車に乗ればOK。ただしホテルによってはメータータクシーを呼ぶところもあるので、その点は現地で確認しよう。

タクシー

マニラのタクシーはすべてメーター制で、普通に流しの車を止めて利用する。料金は初乗りが350mで40ペソ、以降250mごとに3.5ペソと、日本に比べれば格安。ほとんどの場合、エアコンも完備しており、うまく使えば非常に便利だ。ただし、メーターを使いたがらない運転手も多いので、乗り込んだらまずは「Please use meter」と告げ、使わないようなら利用するのをやめた方がいい。また、深夜は流しのタクシーではなくホテルタクシーを利用しよう。女性の一人利用も避けた方が無難。

LRT(高架鉄道)

出典 http://www.2427junction.com

Light Rail Transitの略。LRT1はマニラ北部のルーズヴェルト駅からカロオカンのモニュメント駅を経て、タフト通りと平行にパサイのバクララン駅までを結ぶ。料金は4つ目の駅までが15ペソ、それ以降は20ペソ。駅の窓口でカード型の切符を購入し、入るときと出るときに自動改札に通す。また、ドロテオ・ホセ駅からMRTのクバオ駅、さらに東のサントラン駅まで、メトロ・マニラを東西に結ぶLTR2もある。

観光に便利!MRT(首都圏鉄道)

出典 http://manilahotel.ryogae.com

Mass Rail Transitの略。メトロ・マニラを南北に走るエドサ通りに沿ってパサイのタフト通り駅から、マカティ、マンダルヨン、ケソンなどの主要エリアを通ってノース通り駅までを結んでいる。ノース通り駅からLRTのルーズヴェルト駅へと歩いて乗り継げば、メトロ・マニラをぐるりと回ることが出来る。料金は13ペソ~。駅の切符売り場は朝夕など非常に混雑し、20~30分並ぶこともあるので覚悟しておこう。

その他交通機関

ジプニー

出典 http://www.fivestar-club.jp

路線は決まっているが、路線図などはなく、車体に書いてある行き先で判断する。料金は基本的に7ペソで、運転手に直接渡す。降りるときは天井をたたいて合図すればよい。エアコンもなく、乗り心地はあまりよくない。

メガタクシー

出典 http://livedoor.blogimg.jp

タクシーとジプニーの長所を併せ持つ乗り合いタクシー。最大定員は10人で、基本料金は20ペソ。運転手に行き先を告げて、同じ方向なら乗り込み、目的地近くで運転手に声をかけ降りる。観光客が乗りこなすのは少々難しいかもしれない。

カレッサ

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

フィリピンの伝統的な1頭立ての2輪馬車。チャイナタウンやキアポでは現役の交通手段として利用されている。料金は50ペソ前後。一方、イントラムロスなどを走っているのは観光用で、1時間で750ペソくらいから。乗る前に料金交渉をしよう。

トライシクル

出典 http://livedoor.blogimg.jp

オートバイの横に2人分の座席が付いた三輪車。ジプニーと並んで庶民の足となっており、ときには運転手を入れて7人乗りなんてものも見かける。料金は交渉次第だが、観光客は最低でも50ペソくらいはかかる。

バス

出典 http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

マニラ市内にはさまざまな路線のバスがあるが、把握するのは困難。バス停で行き先を連呼するので、目的地と合っていたら乗り込む。料金はエアコン付きとエアコンなし、区間、会社などによって違うので、運転手に聞こう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ